fc2ブログ

本年も宜しくお願い致します 2024

2024年が明けました。

imge2.jpeg

恒例となった大晦日の増上寺参り。
昨年までと違って人が増えましたね。出店も活況でした。

msk2312211600_038_jpg.jpg
娘もすくすく育っています。1歳とちょっとになりました。
最近、名前を呼ばれると手を挙げる芸をみにつけました(笑)

今年も健康第一のテーマを突き進んでゆきたいと思います。
どうぞ宜しくおねがいいたします


オステオパシー施術院トリート





スポンサーサイト



趣味のじかん

最近大事にしている趣味の時間があります。

身体によくて
家族がよろこんで
何より楽しい!

けっこうハマった人が多いと思いますが、
スパイスカレー作り   です。

いざ作ってみると、なぜ今までやらなかったのだろうという思いにかられ、
毎週作っています。 
とても簡単で、 正直、
「やる気のないお店くらいならこちらのほうがおいしいのでは?」
と調子に乗っています。

スパイスカレーとの出会いは18年くらい前、、
社会人をやめて全日制3年間のオステオパシー校の学生をしていた頃でした。
ふらっと寄った新宿のインド料理(チェーン)に入り、
一番安いダルカレー(豆のカレー)を食べた時に、スパイスの鮮烈さにしびれ、ことあるごとに通うようになりました。

時は流れ2017あたりに行ったスリランカ。
運転手に連れて行ってもらったレストラン、
レストランといってもこの国では、どの店もカレー屋なのですが(笑)、
観光客の居るエリアではない、仏教徒オンリーのローカルな店でしたが、
僕が一生で食べたカレーの中で一番美味しかったと思える店でした。
(母が作ってくれたカレーや空腹で食べたキャンプとかの部門は除く)
スパイスの可能性が口で爆発し(笑)目がクワッと開く思いをしました。

スリランカから帰った後は国内の名店と呼ばれるような場所を探したりしました。その中では近所にあるカレバカ世紀(つぐき)は毎度感動させてくれています。

コロナ中は渡航制限があったので、異国情緒を求めて、
ネパール語の会話溢れる「新大久保ベトガト」のディドセットを食べに通いました。
→ちょい上級者向け、、現地感あふれる名店です。


最近は外食する時間が少なくなったこと、
さらに食べ物に対する健康意識を再確認したいと思ったことから、
目黒の駅前にたたずむインド食材店の存在を思い出しました。

駅から徒歩二分、、駅前と言える位置に、
プロのインド・ネパールのレストランシェフズが通う食材店、
「マヤバザール」が存在します。

マヤバザール1
昔から存在は知っていましたが、とうとう関わりを持つようになってしまいました。
怪しげなマンションの二階にあり、倉庫むき出しですが、
優しいお姉さんが日本語で説明してくれます。
バスマティライスから各種スパイス、冷凍マトンまで揃います。

各種スパイスの効能を調べながら好みのものをチョイス。安い。。。
例えば肝臓や代謝によいウコン(ターメリック)、大量で200円、、、
沖縄ウコンとか買うと10倍では済まないし、
ウコンの力とかの成分量で言ったらコスパ100倍では済まないかもですね。
飲兵衛の方はいかがでしょうか。
他には、タミフルの原料になるくらいの抗ウィルス力を持つ八角を肉系のカレーに使ったり、
スパイスの女王と呼ばれ、香り高く疲労回復、整腸、体内脂肪の代謝、精神安定作用のあるカルダモンを細かく刻んで市販のルーに入れてみるだけで雰囲気が変わると思います。

さて、では調子に乗ったまま、僕のたどりついた簡単レシピをお伝えしたいと思います。
プロの方からは笑われてしまうかもしれませんが、そこそこ美味しい本格スパイスカレー、、、できます 


材料 二人分

◇スパイス店購入がおすすめ◇
(スプーンすりきり1=① )
カレーの基本スパイス三種 ターメリック② クミン① コリアンダー②  
GGペースト(ニンニクとショウガ)合計③
レッドペッパー(とうがらし)適量
胡椒 適量
カルダモン 6個程度

◇スーパーなどで購入◇
具 何でも 写真の例は豚肉と、12時間水で戻したひよこ豆
たまねぎ 大1個
トマト ホール缶1
固形だし(ブイヨン) 数個
油 サラダ油かオリーブ油など 
塩 最後の味見で塩梅をきめる
バターもしくは牛乳


つくりかた

まずターメリックライスを炊きます。
二合に対して小さじ半分のターメリックを入れて炊飯器のボタンを押すだけです。
世界一簡単な料理です。。。
本気の時はバスマティライスやタイ米も美味しいですね。

玉ねぎをみじん切りにします。ミキサーでもいいと思います。
包丁では、まず縦に一回切り半分に、
おしりの部分を手前にして置き、縦に、なるべくこまかく切れ目を入れていきます。手前はすこし包丁を浮かせて、根本はくっついたままがポイントです。
こんどは横にむけて切ってゆきます。
加熱を楽しみたい人はフライパンに直で良いですが、
僕はレンジでしっかり5分くらい加熱します。
少し黄色くなった状態からフライパンに入れて、
水分を上手く飛ばすように塩をひとつまみ入れ、焦げないよう少しだけ油を入れ、ヘラで炒めてゆきます。適当でも悪い焦げ方はしないので、のんびりゆるくでOKです。
薄いきつね色になってきたら少し味見をします。甘みを感じれたらOK,
より深いコクが欲しい人は茶色になって量もかなり減るまで根気よく頑張ります。

GGペースト(にんにくしょうが)を加えます。ショウガのツンとした香りが飛ぶまでしっかり炒めます。
ショウガのツンは強いとスパイスの邪魔をする気がします。。

ホールトマトを入れます。
トマトの酸は熱をしっかり入れるとウマミの酸に変わるので、量が半分になるくらいまでしっかり炒めます。

もう一つの鍋で、スパイスの香を油に出します(テンパリング)
クミンと、3つ以上に細かく切ったカルダモンを油にひたして、
焦げないように気を付けながら極弱火で熱してゆきます。
スパイスの表面に泡が少しだけ立っているイメージです。
5分くらいやれば良いと思います。

image1.jpeg


トマトが煮詰まってきたら、これがチャツネとよばれるものです。
この時点で味見して美味しかったら、もうほとんど成功です!
お湯を加え、具とブイヨンを入れます。
お湯はお好きな濃度で、一人分200mlくらいでしょうか?
少なくても多すぎても塩分でいくらでも調節できます。
化学実験ではないので楽しくやりましょう笑

テンパリングが終わった油から香りがたってきたら、ルーに入れます。
そこにターメリック、レッドペッパーを入れて数分煮込みます。
レンズ豆カレー



最後にブラックペッパーを入れ、塩分の最終調整を行います。
塩でいきなり料理らしくなり、美味しく完成に近づきます。
味にまろやかさを出す為に、様子をみながらバターか牛乳を入れます。
スパイスのとげとげしさを感じた場合、乳脂肪のまろやかさが、驚くほどカレーをまとめてくれます。

image0.jpeg
できあがり
この回は、ひよこまめ、ローリエ、ぶた肉などがはいっています。

スパイスは面白くて、上記の基本スタイルに色々変化を楽しむことができます。
シナモン、八角、クローブ、カスメリティ、ローリエ、マスタードなどは試しましたが、
まだまだたくさんありますね。

低コスパ、健康に良い趣味です。料理をしている時は禅と一緒で「いま、ここ」の良い精神状態にもなれますし☆
あまり失敗しないですし、複雑そうなカレーの味が自分でスパイスから出せるのは本当に楽しいですよ!


こんなに毎週ハマってしまった理由のひとつに、
相方が「ウマイウマイ、天才」とか言って毎回ルーをお替りしてくれることがあります。
やはり嬉しいですね 

しかしそんな相方と先日鍋を食べている際、
賞味期限切れポン酢がもったいなくて使ったのですが、
僕はちょっと無理だと味噌仕立てに直したのですが、
嫁は全く問題なく美味いと喜んでいたのです。

これって、、


オステオパシー施術院トリート





経済のおはなし

たまにしか書かないブログですが、
今回は15年目に入るトリート雑記でも初挑戦カテゴリー。
なんと経済の話です。。。

準備するために少し勉強しました。
すすめるうちに、やはり書きたいのは健康に関する話題だと気が付きます。
が、最後には経済の話も結局人は健康であるべきだという結論に達します。

かなり長くなるので、おつきあいいただけるかたはゆるくどうぞ。

そもそも大学を出てまで島暮らしをしてしまうような僕が
なぜ経済に興味を持ったかなのですが、
2021年の衆院選において、
デフレ政策を敷いて若者の未来を30年間奪い続けた自民党への得票率が、
若者の代表である10代と20代において最も多かったことへの危機感からです。

さて
日本経済はダメだとよく聞きますが、どれだけダメなのかを調べてみました。
色々な指標がありますが、単純一本勝負でいきます。

下は1980年の各国のGDPを1.0とした場合の、成長率を表したグラフです。
1980年の時点に対して、何倍になったかを数値として表現しています。
kmishima_sme2_5_w590.jpg
monoist 小川製作所 より引用

一番下の青い線が我が日本です。
統計開始から10年後のバブルがはじけたあたり、
30年ちょっと前から成長していないことがわかります。
ただし実態経済としては、月給が下がり物価や税額が上がっていることから、
成長どころか鈍化しています。
アルバイトの最低時給だけは上昇してますし、
2023になりインフレ対応による賃上げの話は出始めていますが、
それが継続=経済成長をするかの見通しはまだ未知数です。

細かい話はたくさんありますが、
この結論から言えるひとつとして、
国家の運営者、つまり政治や、世論を作っている報道機関は信用しちゃダメです。
彼らは目先の身内の中で利益を循環させる以外には興味が無いので、
結果、大きくはしょりますが、国はグラフのような結果になりました。

例えば、自分達の存在の見栄えを良くする為だけに日本経済を破壊した
財務省の増税について、本気で報道する機関は無いですが、
大手報道機関外では、アベノミクス中の増税が経済を破壊したことは
常識的な認識となっています。
政治もだめ、官僚もだめ、マスコミもだめ(テレ東は〇)。
色々調べてもめまいがするくらいひどい話ばかり。
スガ元総理は本気で仕事したのですが、
報道機関の体をなさないテレビ局各社の放送権枠に手をつけようとしたので、
「おどおどインタビュー」のシーンなど悪い印象の映像をバンバン流されて
総理を引きずり降ろされましたね。

30年に渡る彼らの仕事の結果がこれなので、
残念ながら反論されようがないです。結果出てしまったので。
これはキリが無いのでこれ以上考える必要は無いと思います。

ところで、
考えすぎたり、「こうあるべきだ、こうするべきだ」、というのは
非常に身体に悪いです。
僕も若い頃から理想の社会はこうあるべきだとという気持ちは人より強かったと自認していますが、
来年50になりますが、もう結論です、、、僕は自分なりに、なるべく人の為と思い生きてきましたし、続けてゆくつもりですが、
一人の人間が社会の不正を変えるには、人生は短すぎますし、犠牲もあります。代表的な犠牲は健康被害です。これは全力で避けるべき。

アンガーコントロールという「怒らない」技術の学問がありますが、
その最大の基本原理として、人間は 「こうあるべきだ」 という思いに対し違うものが現れた時に怒りが沸く、
つまりその「こうあるべき」という概念自体に柔軟性を持たせることにより 「怒り=他者と自己への攻撃」 を避けることが出来るという考えがあります。
今回の問題に対しては、
政治やマスコミがヤバすぎる、、、「ふざけるな!変えるべきだ!」 ではなく、
政治やマスコミがヤバイ、、、「ウケる!」 とか、
政治やマスコミがヤバイ、、、「私はどう生きようかな?」 で、良いと思います。
少なくとも健康関係に携わる人間としては、ゼロVS百で後者なのです。


話はくるっと変わりますが、日本を痛めつけてきた存在があったとしても、
この国はしばらくは大丈夫だと思います。

この国の救いとして、
教育を受けた有能で我慢強い国民が多いことだと思います。
他をおもんぱかる、無宗教でも悪さをしない、低賃金でも犯罪しない、、
有能すぎる国民がまだほとんどだからです。
結果、安全が無料で手に入り、
世界一美味しくサービスも良い食事が安く食べられて、
自由な生活は確保されています。
「他人との見栄の競争」にさえ参加しなければ、
バイトでも健康に幸せに生きていくことも出来ると思います。
(見栄の競争は衣食住と並ぶほど重要な原始的本脳らしいです、いつかお話します。)


さて、第二章、
僕達とすぐに関係してくる事柄として、なぜ日本でインフレが起こっているかについて
上手く報道されていないので、素人言葉ですが皆様にシェアしたいと思います。

スタートは2020年、コロナによる不況を恐れた米国政府が、
政策金利を大幅に下げ(安くお金を貸しまくること)や、
直接給付で国民にお金をばら撒いたことにより、逆に豊かになり過ぎたことによります。
米国の政策金利を操作するFRB(日銀の米国版)の役員は、
自分も所有している株価が目の前でどんどん暴騰してゆくこともあり、
結果、景気が回復しきった2021も低金利をつづけ、記録的なバブルを形成。
2022になり、景気が過剰に良すぎることにより米国内のインフレがとまらなくなります。
FRBは焦って記録的な政策金利のブレーキである利上げを開始し、経済の冷え込みによるインフレ撲滅を図りますが時すでに遅し。
その横で選挙前年のバイデンが得票の為に国民にまたお金をばら撒きインフレに燃料をおくりはじめます。。これは第2ロケットで、2022年後半にせっかく倒れかかったインフレの息の根を復活させてしまいます。
結果、2023年夏ころまでインフレ加速は止まりませんでした。このFRBの大失策が世界的なインフレに火をつける結果となります。

アメリカの利上げの副作用として、
金利が高いアメリカにお金を預けて利子をたくさんもらおうという思惑から、
世界中のお金がアメリカに集中し、ドル高が爆発します。

世界一の経済大国アメリカのインフレ&ドル高により、
それ以外の国はバランスをとるために深刻なインフレに見舞われました。

さらにロシアウクライナの戦争で、エネルギーや物流の価格が上がりヨーロッパを中心にインフレを加速させました。

そこに来て日本国内です。また火に油をそそぐ事情がありました。
日本の大企業の競争力は地を這う状況が続いています。
(大企業の組織票獲得 = 年功序列などの旧体制を守る政策継続 は、世界で勝てる企業を生まない)
世界中のみんなで知っている企業を上げようとなると、
GAFAM(アップルとかアマゾンとか)はもちろん、
エヌビディアとかバイドゥとかサムスン、TSMCとかですね。
日本からはぎりぎりトヨタくらいでしょうか。

衰退著しい日本企業の為に、
日本はアメリカがコロナ時にやったような金利の低下を以前からずっと続けています。
弱い経済に対するカンフル剤である超低金利を薬漬け状態で30年続けていて、
もし今回、世界に合わせていきなり利上げ(銀行が貸すお金に利子がかかる)しようものなら、
ただでさえ勢いのない日本の企業が破壊されていしまうというジレンマがあり、超低金利を続けなくてはなりません。

また、政府は低金利による円安により、製造業が海外への輸出に有利になるような選択をしています。
大企業に稼いでもらって、そのお金を国内にまわし好景気にし、金利を上げても耐えうる体力のある企業で国内を満たすという作戦です。
つまりよほどの好景気にならないかぎり、日本は円安をつづけざるを得ないわけです。

電気代が上がろうが、ほぼ輸入に頼っている食品類が軒並み上がろうが、
日本がわざわざ犠牲を強いてまで円安を続けているにはそんな理由があるのですね。
だからこそ好景気までは全力で走るべきなのですが、、、現状岸田さんは増税メガネと呼ばれていますね、、全力で景気をつぶしに来てるんですかね?。はい、怒らない、、笑いましょう。


さて第三章

ぼくたちはどう生きるか ? (映画見てません)

例のごとく外圧によりですが、30年続いた退屈な(失われた)時代は終わろうとしています。

デフレ時代は、守りつつ待つ = 「欲しいものは待っていれば、そのうち安くなるから待とう。」
から、
インフレ時代、動くほうが正解 = 「欲しいいものは待っていたらどんどん高くなる。一番安い今すぐ買おう。」 
に変わってゆくかもしれません。これが世界のスタンダードで、この30年の日本で暮らしていた僕らは脳内のスイッチに時間がかかるかもしれませんね。

振り込まれる額の変動の少ない年金の受給者が物価の上昇を恐れて、自民に投票し国を低成長に向けて動かしていた時代から、
今貧乏でもバリバリ働けば将来の賃金が上がるから夢が持てるという、若者が活躍できる正常な時代へ戻ります。
そこは期待したいところです。 
結果、これからじいさんになってゆく僕達の世代の為にもなるんですけどね。

僕達が国にあづけている年金のお金はどこに行くのでしょうか?
知らない人が多いのですが、政府は株などで運営しています。
老後2000万円問題という麻生さんから話ですが、
あれは要は、「預かったお金の運営がうまくいかず、将来の年金は払えません。自分達でなんとかしてね」。
という意味です。
ただ、政府が本気になって日経平均株価を上げる施策をやって10年後に株価が倍になるとします(本気で取り組んで、失った海外の信頼を取り戻せたら簡単らしい)。
その循環作りに本気になれば、一気に2000万円問題は解決するんですけどね。株をやっていない人にとっても、日経株価が上がるのは大いにメリットがあるんです。
ようやく、これも外圧なのですが、政府も国内の株価上昇の為に動きだしました。
(米国を中心とした中国外しによる、アジア金融ハブの香港市場から日本への復帰)
日経の上昇は世界中からお金をあづけてもらって日本が潤うことなので、
本気でやってほしいのですが、、、。

最後にひとつ。完全に自己責任ですが。
始まったインフレ時代に対して、ただ銀行に貯金している人は、国が用意した制度、IDECOとNISA(個人型年金、株の運用)の勉強を始めてもいいかもしれません。僕も完全素人ですが、昨年から始めました。
物価の全ての額面が上がっていくわけですから、価値は変わらなくても株の額面はインフレに合わせて通常上がってゆくはずです。日本の銀行に置いてある現金は利息がつかないので、インフレ下においては毎年数パーセントづつ目減りしてゆく計算になります。

運用でまず第一に意識することは。詐欺の話がたくさんありますので、おいしい話は全無視です。
新開発AIがどうの、いくら儲けただの、あなただけ特別がどうの、芸能人がどうの、ドバイがどうの、、、まあ詐欺です。この1年で4回、身の回りで聞きましたよ。。。
担当が付く証券会社では変なの買わされるかもしれないし、手数料バカ高なのでネット証券(SBIとか楽天)で自力が良いかもしれません。

一般にすすめられているのはETF(一社ではなくそのカテゴリー丸ごと平均的に買う)で、
米国数百社分のVTIとかSP500とかの商品、もしくは世界中の会社を分散したVT、
投資信託でも全米とか全世界という手数料の低い商品に対して、
毎月自動引き落としなどで積み立ててゆく方法です。
状況により数年間は、もしかしたら額面が元本を割れ続ける可能性は半分くらいあるかもしれませんが、10年も待てばほぼ確実に銀行にあづけているより良いと言われています。長く置いておけば、雪だるま式に増えてゆく傾向があるそうです。
長ければ長いほどいいわけですから、この運用方法で一番うまくゆく方法は、より長く楽しく健康に生きることです。
ようやく健康とつながりましたね。。。あは

お金を稼ぐ、という発想ではなく、守るという考えでやったほうが良いと思います。

NISA,実は波乗り仲間の先輩に6年前くらいに勧められていたのですが、
「いんちきくさい」との事で無視していました。
実はそこで始めていたらゴールデンタイムだったのですが、、、現在は停滞中。
その先輩は故郷の沖縄の海で事故にあい、もう会えなくなってしまいました。
彼女の遺言といったらおおげさですが、ちゃんと聞いておけばよかったと今では思っています。

年末からNISAの話は多くニュースで聞くようになると思います。
余裕資金のあるかた、すこしづつ興味を持たれると良いと思います。


オステオパシー施術院トリート











遠来からの使者

昨年末あたりから

長年トリートに来てもらっていた方で、
今は遠方で暮らしている方が顔を見せてくれる機会が増えてきました。

そんな中で、地方の良さについて色々話を聞きます。

元々東京出身の僕ですが、
20代の半分くらいを転々と自然豊かな場所で過ごしましたから
江戸を離れることに憧れもあります。
同時に、それは若い頃にやり切ったという思いもあります。

若い頃には、「江戸は田舎者の集まりで退屈で安易で冷たくて、
地方にはちゃんと生きている人間が住んでいて、、」
チャンスもたくさん転がっているように思えてしかたなかったのです。
偏ってました。。。

逃げて、そして半分は求めて、必死に生きる場所を探しました。
島とか、廃村の屋根裏部屋とか、千代田区のビルの屋上とか、
伊豆とか、西日本を2か月車で放浪とか、関西のディープな街とか
(冷や汗が出るほど恥ずかしいですが、本人は真面目に)


今日は本当に久しぶりの方が来てくれてお話をしたので、
色々若い頃のことを思い出してしまいました。

この道に入って18年、
50を目前にした今の自分を客観的に見る機会となりました。

今は家族も出来ましたし、
愛するべき、
「東京で生きる人」の中で生活することに迷いはありません。

20代の頃に一緒だった仲間のほとんどは東京には住んで居ません。
自然豊かな場所で、
半数くらいはネイチャーガイド的な仕事をしています。

うらやましさもありますし、ただ田舎のわずらわしさなども
僕は知っていますし、改めて話も聞きます。
結局は場所ではないね、なんて話もします。

ただ、どうせ住むのだったら、自分の場所を愛したほうがいい。
これは間違いありませんね。

江戸にもいいことはたくさんあります。
思い付きで挙げていきましょう。


 便利

 行動を開始するまでの移動距離、時間が短い

 流されず自分の頭で考えて行動している人が比較的多い

 他人への干渉が少ない

 「こうあるべきだ」という思想範囲のカドが削れてるので、
  ずっと怒っているような人が比較的少ない

 賃金が高い ➡ 生活費が高いので良し悪し

 さみしさを忘れさせてくれる施設やイベントが比較的多い

 友人やコミュニティーを必要としない時間が長い

 日帰りで行ったことのないお店に行こうとしたら、
  一生繰り返せる

 歴史的な見どころなどが圧倒的に多い

 外国人、もしくは海外文化圏の価値観との交流が容易

 自分の事をだれもしらない自由な街を散歩できる

 明かりをつけて夜ふかしをしていても、翌日
  村人に「起きてたけど何してたの?」とか言われない 
  笑 実話


まあきりがないですが、、
僕達が住んで居る江戸(東京)って最高ですね。


良い事を探して、感じて生きてゆく! 

これって僕がトリートのHPに書いていたことでした。

良い事を思い出しました。 とても大事なことですね。


オステオパシー施術院トリート

あけましておめでとうございます 2023

みなさま明けましておめでとうございます

昨年は色々なことがありましたね。
戦争、新冷戦構造化、インフレなど。
国内では政治不信、コロナ対策と称し3年間で100兆円前後を
支出するなど、頭の痛い問題が多く現れました。

人の弱さ、強さを深く考えさせられる年でした。

社会はより、自分の頭で考え、行動すべきものとなります。
人やメディアに流されず、自分の価値観をどこに置くか、
ではどのように動くか。

新しい年が始まりました。
私にとっては相変わらず、一生懸命施術をする年です。 
少しでも皆様の自己実現に寄与できますよう。

宜しくおねがいいたします。

トリート 萩原

IMG_11111129.jpg
子供の頃遊んでいた 蘆花(ろか)公園 

IMG_1217.png
天使がきてくれました。 正月はオムツ替えです 笑


オステオパシー施術院トリート


最近の出来事&報告

久しぶりの投稿です。

この半年、色々起こりましたね。
米の昨年までの好景気に端を発したインフレ、
それに追い打ちをかけるロシア侵攻による原油高、
中国のゼロコロナによる世界流通の混乱、
新興国のデフォルトなどによる混乱、不満や怒りの蓄積、
国内は政治に対する暴力など。
喉元過ぎて終わる問題ではなく、頭の痛い問題ばかりです。

僕はとりわけ、政府のコロナ対策がどうだったか、
つまり時短や二類の固持などの締め付けに対して注目しています。
コロナバブルでお祭り状態になっている一部団体と政府が組んで、
特に未来の若い人たちに対して申し訳の立たない状態になっています。
医療ひっ迫など自作自演と言えますが、やめようとしません。
あまりここでは言いませんが。


。。。心身重たい!と感じた時、
癒しの時は必要ですね。

能動的に、欲張りに、周りの目などきにせずに、
やっちゃっていいと思います。

怒られても、、行きますよお外、生きますよ僕 笑

色々行っている私ですが、
久しぶりにカヤックの頃の先輩と二人、
江戸の水路を超えて夜景を楽しんできました

IMG_0054.jpg

魚影が濃く、驚いて跳ねた小魚がキラキラしてかわいかったです。

IMG_0061.jpg

この日はちょうど銃撃事件があった日で、
一緒に来ようと計画していた友人2人が、
海外の記者と、国際交流の職員だったのでキャンセル。
(母国などと中継でバンバンテレビ出てました 17本 笑)

その分、先輩と二人、夏の江戸の風を感じながら楽しみました。
日中のニュースはさすがにショックだったので、
先輩と話せたのはとても良かったです。
人は人の中で生きるんだと再確認、
あ、僕は人と話せる仕事ですね、、、普段から感謝しています。



ここからはおまけです

このブログ見てくれる人あまり居ないと思いますので、こっそり報告

恥ずかしながら、昨年け、け、 結婚しました。

IMG_0132.jpg

愛嬌のある元気な方です。
夫婦生活の目標は仲良くやることです。
温かく見守って頂けたら幸いです。

(写真は先週行った立山の高山です。
上手く撮れたので  )

オステオパシー施術院トリート



明けましておめでとうございます 2021

2022年がスタートしました。

ここ数か月はコロナの感染者も落ち着き、
つかの間休憩が出来ましたでしょうか?
新種の株がまたしばしいやがらせしてきそうですが、
三月には国産の飲み薬&ワクチンがリリース予定ですし、
前を向いて歩いてゆく役者がそろってきましたね。

IMG_9174.jpg

写真はここ数年定番になってきた大晦日の増上寺。
昨年度は境内に15名くらいでしたが、今回は150人くらい居ました。

コロナはしばらく、もしくは数年間以上は無くなりません。
ウィズコロナと言われる、共存の時代になってゆくと思います。
毒性の弱いオミクロン以降の株や、
前述のワクチンや飲み薬がそれを後押しするでしょう。

出来る努力を続けながら、怖がり過ぎずに、
前を向いて、笑顔でやってゆきましょう!

オステオパシートリートを今年もよろしくおねがいします

コロナ後半戦

ひさびさの投稿です。

すっかりコロナの世の中になってしまい、
何を言っても誰かを悲しませてしまうようなきがして、
発言しづらいですね。

「コロナでトリートには来れないけど、元気でやってるか」
と連絡をもらうことがあるので、
生存確認の投稿です 

生活は基本かわらず、
さすがにデルタ株の影響で、のんびり施術院となっていますが、
波乗りもあいかわらず、ストレスゲージも変化なしで、
元気にやっています。

そんななか、先週ワクチン二回目打ちました。
(接種には様々な意見があり、個人の自由だと考えています)
ファイザーなのに38℃越え、、、
嫌な経験でした  が、少しだけ安心しました。

ようやく最近では、
・抗体カクテル療法治療のスムーズ化(かかりつけ医での受診可能化)
・年内にはファイザーやシオノギの服薬の流通開始
などの声が聞こえてきました。
少し希望が見えてきましたね。
コロナに対する世の中の態度は、年内にはかなり変わってくるかもです。
コロナが済めば、その間に起きた色々な問題が表面化してきます。
その次の世の中にも備えましょうね 

正しい食事
適度な運動
規則正しい睡眠

見直されています。
やはりどんな世の中でも健康第一ですね。
心身共に、皆様が元気に乗り切れますよう願っています!

IMG_5220.jpg
気を付けつつ おでかけしてまーす

オステオパシー施術院トリート



マイナーチェンジ

春が過ぎ(私にとっては花粉の春が過ぎ)、
良い季節となりましたね

あいつのせいでいまいち喜べない人も多いとおもいますが、
たまに顔をあげてさんぽするなんて良い日和ですね。


さて当院、
久しぶりにご来院され部屋に入ってこられる方に
よく言われる言葉があります

「いやー、ぜんぜん変わってないですね!」

褒め言葉だと思っていたのですが、
取り方によっては「営業努力しなさいな」という意味かしら??

施術に関しては色々アップデートしてますが、
確かに内装を変えたりしてないな。
まあ、、、少しはやるか、、、笑 ということで

image0 (15)

ちょーっとだけ変えてみました。
解る方いるかな、、いないだろうな笑

開店から12年使ったソファをフカフカのに変えました!
(→しかし変更2か月で気が付いて伝えてくれた人まだ2人笑!)
あと、、12年使ったお菓子入れのデメル(チョコ)の箱を、
新しいデメルの箱に変えました、、
そして現金主義の会計ですが、、PayPayは使えるようにしました。
しかしながらこちらは手数料変更により9月末までかもしれません。。。

エアコンも毎年分解掃除していましたが、
今年はとうとう新品を購入します。
(業者と工事日程を交渉中です)

プチリニューアルしたトリートを宜しくデス。


オステオパシー施術院トリート




明けましておめでとうございます 2021

みなさま
新年あけましておめでとうございます

今年もよろしくおねがいします。

今年も引き続き大変な状況が続きますが、その中でも小さな喜びを見つけて進んでゆきたいですね!
僕は今年も一年、そうすることを誓います。

新年早々、まずは過去を振り返るような話題ですが、

奄美に移住し、地元に根付いてお店を続けているシーカヤック時代の先輩から、当時の写真が送られてきました。

129495716_1076909576083360_3616788009030429152_n.jpg
シーカヤックを運ぶ青年 宮川港

当時、セピア色の「写ルンです」という
使い捨てフィルムカメラが流行っておりまして

ふざけて撮った一枚。

「あー、当時はさわやかだったのね!」 と、思われるかもしれませんが、、

いえ、 当時としても奇跡の一枚でした 

モテたでしょうと言われる人が居るかもしれませんが、否

この写真を撮った奄美の先輩はリアル王子、

歩くたびに足元から星屑がこぼれ落ちるほどの貴公子で、
(本当に見えました)

ついでに僕の実の兄はモデル、、、
(朝起きてダルそうに納豆をかき混ぜる姿がスローモーションに見えました)

イケメンに囲まれていたので、
(ノーマルですが)

自分は、なんて不遇なんだと思っていました 笑

身の丈にあった生活にありがたみを感じている今のほうが、
そうとう幸せを感じています。

もちろん当時の彼も一生懸命生きていますから、
認めますし、微笑ましいです。

でも当時の自分に言い聞かせたいのです

「人と比較しちゃ、つまらないよ」 と。


お正月にずっと考えていたことがあって、

過去や未来の自分、他人と比較することは、
ゴールの無い不幸じゃないかって。

最近世の中の人が賢くなってきて、
「マウントを取る」という言葉でそれを否定したり、

「いま、ここ」という言葉を使ってみたりしてますね。

落ち込みがちな時代にこそ、いまこそ、

自分の中にある喜びをあっためてゆけたらいいのではないかって、
あらためて思いました。

新しい一年、素敵なものにしてゆきたいですね。



オステオパシー施術院トリート



改元を前に

四月中旬のある日の夜、

施術を終えて、食事でも摂ろうと目の前の目黒通りに出ると、
複数の警官の姿が。
人だかりも出来てる、、、。

赤信号を待とうとすると、警官が誘導灯で車側を止め、
「渡っていいですよ!」

?? なんと、赤信号を急いで渡してくれるとは、、、
しかも、危険を回避というより、
「どうぞどうぞ」的なピースフルな感じ、、、

まさか、、、大物が通るからご覧なさい的な、、?

大物、、、 

50m程向うに黒い車列が見える、、、

最大の大物!!

なんと、天皇皇后両陛下のお車が。


沿道には、たまたま通りすがりに気が付いた人が
まばらに居たくらいなのに、、、

車は徐行し、

ご高齢の陛下は、会釈をしながらお手を振られていました。

フリーズ、鳥肌、ガビーンときました!

自己を捨て国民の為だけに生きてこられたお二人、、、
手を合わせて感謝を伝えました。

なんだか、目黒の地を照らしてくれた感じがしました 


僕側に座られていた天皇にくぎづけで、
お隣りの皇后様は拝見出来ませんでした


お車が去られたあとの、沿道の皆の目の輝きは、本当にスゴかった。。。


とっさに、
「写メじゃなくて肉眼に刻む!!(笑)」

「カメラ向けるなんて出来ない」

と思ったので写真はありません。



ありがとう平成。

令和を生きるみんなで、良い時代にしてゆきましょう。


オステオパシー施術院トリート






2018年も宜しくおねがいいたします

平成最後の年、そして新しい元号の元年がはじまりました。

月並みではございますが、前を向いて良い年にしたいと思います。

皆様にとっても良い年であるよう、いのっております。


IMG_1209.jpg
お正月はのんびりしていましたが、ふるさとの高尾山に上ってきました。
山頂から目黒方面を望む、、、の写真です 

IMG_1208.jpg
富士山を拝みたかったのですが、残念ながら雲に隠れていました。
向かう途中では、冠雪した雄姿を見せてくれていたのですが(笑)

なんだか、「油断せずに、気を引き締めて行きなさい!」と、
いわれているようでしたよ。


今年は楽しいことがたくさん起こる予感。
オステオパシートリートをよろしくおねがいいたします。


オステオパシー施術院トリート



20年振りに、あの男が帰ってきた

僕が高校の頃、運動部にも所属していたのですが、

同時に週に一度、ネイティブの先生の指導による英会話部(?)
にも所属していました。
高校一年の時にアメリカへひと月の留学をさせてもらったのですが、
その時の仲間はいまだに連絡の取れる良い関係が続いています。

その中でも仲の良い一つ上の先輩二人は、
約20年前にほぼ同時にカナダに渡り、
一人は10年カナダで働いたあと帰国、
もう一人はアメリカを転々としたまま行きっぱなし!
このたび、約20年振りの帰国となりました。。。

とてもなつかしい仲間の帰国に合わせて5人ほどで集まったのですが、
学生の頃の仲間はいいですね。タイムトリップして元の関係に戻れます。
胃袋まで戻ってしまい食べまくり、、、最後の食事は先輩とおそろいで、
カツカレーとラーメンと餃子! 

サンディエゴの高級寿司屋で働く先輩、
美味しいものもたくさん知っているし、現地の日本食も堪能してるけど、
日本で一番食べたかったのがこのセット(?)なんだって(笑)

特にカツカレーは現地浸透度が悪いらしく、とても感動してました(笑)

彼が帰国する前、どんなアメリカ人になっているか、
”浦島太郎状態”をみんなで楽しみにしていたのですが、
先輩が日本の変化で驚いた部分は
・ウォシュレットがすごい良い
・走っている車がみんなきれい
・カツカレーが旨い
くらいだそうで、、なんとも地味でつまらないのですが、、、
まあリアルな反応なのでしょうね(笑)

IMG_0984.jpg
服装が日本人じゃないよな~、と、みんなで突っ込んだけど、
出会ったころからけっこう、
人の目を気にせずにそんなかっこだった気がする。

高校の時はモテてて、、
アメリカのファーストフードで3人の男子で食べれる時、
ず~っと眺めていた現地の女の子が最後近づいてきて、
「あなたはとてもクール、電話して」なんて手紙をおいていった。。。
数々の伝説を持つ、
ちょっと変わってるけど心の優しい先輩と、いい時間を過ごすことが出来ました。

次はまた20年後、、、? まあそれもこの人らしいということですね。
多様性豊かな仲間にかこまれております 


オステオパシー施術院トリート









藤田嗣治 3記事目

ワタクシ、絵画には疎いんです。

IMG_98450.png

こちらのいたずら画像、

顏だけ切り抜かれてますが、、
作者は左から、ダヴィンチ、ゴッホ、フェルメール、、、
だということくらいはわかる。。。程度です。
左のコはモナリザですよ(笑)

ワタシの親父は浅草のはずれの下町育ちのくせに絵心があり、
モディリアーニが好きで、コピーのコピーですが、飾っていました。

そのモディリアーニとパリで隣に住んでいたこともある仲の良い友達、
藤田嗣治(つぐはる)=レオナールフジタ が、わたくし、好きなんです。

絵が好きというか、、、フジタの描いた絵が、
その背景ともあいまって、好きなのです。
とても人間的な魅力にあふれたフジタ、、、

IMG_0359.jpg
上野で大規模な展覧会をやっています。10月8日まで。
ちょっと混んでますが、展示内容はとても良かったです!


IMG_0358.jpg
展示会場の、ほんのちょっと先にある、上野精養軒 
日本に現存する最古の西洋料理店だそうです。

IMG_0354.jpg
フジタ本人の日記によると、105年前に渡仏する直前ここで、
ドイツ帰りの義兄に、西洋料理のトレーニングを受けたのだとか。。。


オステオパシー施術院トリート



夏の疲れか??

先日、鎌倉の友人家の食事を作ろうと買い物へ。

そこに目に入ったのはなんと。。。

板うに ¥267 !!!

や、安くないですかこれえ~?


で、商品ケースの中にこういう板を探すわけです。

(イメージ写真 ↓)
IMG_0379.jpg


しかしながら、ケースの中に ↑ が見当たらないのです。

たしかに、商品のポップが貼られているんですが、、、

板うに¥267 。。。

実際のポップ ↓
IMG_0378.jpg

うにを探そうと、ケースの中にある邪魔な氷の板をかきわけ、、、

IMG_0380.jpg


むむ???

うに、、、氷??? 


オステオパシー施術院トリート



夏のいろいろ

今年は異常でしたね。。。

Djuv4OuUwAIiwtu.jpg

恐怖を感じるくらいでした。。。

目の前の暑さだけではなく、その根本原因である、
地球人としての対策も、少しづつ頑張ってます。
・使用電気を風力100%に
・CO2排出投資世界1、2位の三菱とみずほから預金を引き下げて報告。
・洗剤を(話題の)ランドリーまぐちゃんに変更(ただいま変更途中)
・エコバッグ使用

「みんなやってないから」とか、「テレビで言わないから」とか、
「自分だけするのは手間がかかって損だ」なんて、、のんのん


しかしながら、やはりアヅイ、、、

そんなとき、色々出かけて温度を忘れてみました。

IMG_9770.jpg
海はたくさん行きました、、、
人が増える夏はある意味、波乗りオフシーズンなのですが(笑)
写真は鎌倉に打ちあがってしまったシロナガスクジラの赤ちゃん。
おそらく海中の船舶のソナー音の影響で、
お母さんからはぐれちゃったみたい

IMG_9789.jpg
どーでもいい話なのですが、
テレビにちょこっと映っていました(右端の変な人)。。。

IMG_9980.jpg
久しぶりに伊豆にも行ってきました。
若いころに住んでいた伊豆。

IMG_9908.jpg
若いころ食べられなかったキンメの煮つけ(笑) 

IMG_0023.jpg
大井町に波の出るプールが出来たので、仲間と行ったりしました。

IMG_9696.jpg
今年一番のヒットはこちらでした!
たまたま行った神楽坂。
屋久島の姉貴分と馬頭琴のコンサートに向かうときでした。
懐かしい囃子の音色、はじける踊りての笑顔、
全てを開放するかのような男踊り(下写真)、
暑さの中にも凛とした美しさの女踊り(上写真)、、、
汗ダラダラでしたが、、、その時、暑さは全く忘れました!

この日本という風土、高温多湿を乗り切る、
古からの知恵を感じました!

IMG_0064.jpg
続いて、有名な高円寺にも行ってきました。
何年後かに、ワタクシも踊っているかも???


オステオパシー施術院トリート












道案内に新しいめじるし

目黒駅からトリートにご来院頂く際に、
駅から坂をまっすぐおりる目黒通りから
一度だけ曲がってもらう角ですが、
以前はスタバがありましたね。

スタバは近所に本社が来てその下にフラッグシップ店ができ、
更に駅前の新しいビルにもう一店舗、、
つまり目黒駅前に4店舗!(笑)となることを避けてか、
無くなってしまいましたが、しばらく工事中でした。
位置的に院までのルートを説明させて頂くことに重宝していたので、
何か変な店が出来たらいやだと思っていました 

IMG_9787.jpg

ちょっと安心してよいかな。
注目のブルーボトルコーヒーが出来るみたい。
お好きな方はどうぞ。8月17日オープン予定とのこと。

ちなみにブルーボトルって、波のりする人にとっては恐怖、、、
カツオノエボシという、刺されて死ぬ人も居るクラゲの名前なのです。
僕も腕をやられ、親指の太さでみみずばれが出来たことがあります。。

そもそもカフェイン飲めないので、僕はたのしめません、、(笑)


オステオパシー施術院トリート




梅雨明け

2018年の梅雨明けは観測史上初の6月でしたね

IMG_9421.jpg
今日の目黒 とある通りにて 太陽に輪っかが! 

風があるのと、まだ33度くらいなのでなんとかなりますが 
梅雨寒と言われた今月からいきなりこれは、、、こたえますね!

スムーズに汗をかいたり、体の自律神経が暑さに慣れるまで、
いきなり無理はせずに、徐々に慣らしてゆきましょう。

ワタクシも今朝、「慣れの為のさんぽ」をしてみたのですが、
まだスムーズに汗が出てこない感じがありました。
小一時間、、、しかしながら腕は日焼けで少し赤くなってる!

焦らず無理せず、季節を迎えたいですね。


IMG_9415.jpg
目黒川沿いにある清掃工場の煙突、
解体に向けてやぐらが組まれました。
こからか一年半かけて解体、一年休み、
そのあと二年かけて新煙突になるそうです。


オステオパシー施術院トリート



「没後50年 藤田嗣治 本のしごと 展」 @ご近所

何年か前にもブログで書いたのですが、
世界的に活躍した画家、藤田嗣治のファンなのです。

なんとトリートから徒歩5分くらいの目黒美術館で、
彼の展覧会があるとのことで、行ってきました。

IMG_9179.jpg

目黒美術館 藤田展



IMG_9177.jpg
中もとってもモダン、、、そして十分な広さです。

近くを通ることはもちろんたくさんあったのですが、
実は中に入ったのは初めてです。
こんなに良い美術館だったとは 
行動範囲だけでなく、深さも追うべきですね、、学びました。

藤田の絵に関してはその内容の広さ、繊細さ、おおらかさなど、
とっても素晴らしいのですが、

今回の展示物として、
目黒美術館蔵の作品が多く、驚き喜んだのですが、
手紙や走り書きのようなものも多く、
1886年生まれの彼の筆まめさや、サービス精神の旺盛さ、
ユーモラスさ、息吹が伝わってきて、とても良かったです。

Foujita_Letter.jpg
友人に送った絵葉書

会期はなんと6月10日(日)まで!
あと二週間だけですが、良かったら是非。



オステオパシー施術院トリート

2018年 春の気付き!

春!

体調の難しい季節です。
大きく3つ、原因がありますね。

・1つは、寒暖差による自律神経の乱れ
・1つは、朝明るくなるのが早まるために変な時間に起こされたり
 上手く睡眠がとれなくて、日中眠くなってしまうこと
・1つは杉、檜を代表する花粉や生物ホルモンなどのなんらかの
 影響により人体に影響を受けてしまうこと

花粉、特に私、檜には本当弱いんです
鼻、喉はもちろん、一番強く症状が出るのが消化管(胃や腸)です。

普段通りに生活していると、胸のムカつき、下痢などが起こり、
オステオパスとしては残念ながら薬も飲んでますし、
乳酸菌のヨーグルトも毎日。顔に吹きかけて、
イオンで花粉を弾くスプレーもしてます。

そんな檜、なんと今年は記録的な当たり年!
各地点で、最大予想量の倍飛ぶという、、、

かふん 図 1

↑↓図 東京都健康安全研究センター




今回は、3月下旬に起こった爆発的とも言える檜花粉飛散時に、
僕の体に起こった反応から、
健康についての大きなひらめきが起こったお話について。


花粉 図 2

3月28日、大量飛散集中日。
一平方センチの中に、
数千の花粉が飛ぶというとんでもない事態が起こっていました。
はっきり言って、パウダーまみれです!!!

学校での講義は春休みの為休講。
クライアントが居る時は集中しているから平気なのですが、
この日は比較的のんびりと過ごしていた昼ごろ。
朝からお腹がシクシク、痛いわけではないがモヤモヤ、つらい。
身体を動かすと忘れられるかもと思い、お外へ、、、。

そんなとき、
街の掲示板にあるポスターが目につきました。

芦田愛菜ちゃんのポスター、
そして、「マナーを守ろう」との文字。
芦田マナ、、、マナー、、、!
ダジャレか、、? なんだか、頭にくる!!(笑)

腹の底からむかむかというか、うう、いらいらする!

そこから暫く抜け出せずに、なんだか気持ち悪いし、
「マナちゃんって気持ち悪いなあ」という思いをもちながら歩きました。
白金でポスターを見かけて、、、
品川を越えて運河に出るまで、ずっと、、、。

ベンチに座り運河を眺めながら、ハッと気がつきます。

あれ、別に、マナちゃん(マナーちゃん)のこと、嫌いでもないのに、
くだらない駄洒落なんかどうでもいいのに、、
なんで頭にきたのだろう。。。

答えは簡単ですね。

体調


体調が悪い時の思考って、、、
冷静では無いし、後で考えると笑えるようなささいなことでも、
変なループに入ると、ちょっと抜け出せなくなったりしますね。

僕にとっては幸いマナちゃんだったことと、
シーズンものの花粉だったから良いのですが、

世にあふれる様々なマイナス感情、、、

例えば、その時体調が悪かっただけで
・誰かと揉めてしまい、その後も悪い人間関係を引きずったり、
・力を出し切れず何かに対して苦手意識が出来てしまったり、
・消極的になって自分に自信が持てなくなったり

した時に、

それはただその時点で体の調子が悪かっただけ。
なのに、
結び付けてイメージを作ってしまう事によって、
その後の人生の判断を永続的にひきずってしまうこと、
あると思います!

何か重い気持ちの時、過去の後悔や未来の不安があるとき、
体のせいにしてみる
というのは、メンタルの悪いループを断ち切る有効なテクニックだと
気が付きました (^^♪

体調がメンタルを支配します。健康第一。

結局僕はここに戻ってきます。
オステオパシーやっていて良かったです。
これは改めて、天職ですね。

皆さまもどうぞ、
元気に、楽しく生きることを邪魔する何かを感じた時、
ご自身の体と向き合う時間を作ってみたらいかがでしょうか 


オステオパシー施術院トリート

プロフィール

トリートTakezo

Author:トリートTakezo
目黒駅の近くで施術院を開院しています。

HP↓
オステオパシー施術院トリート
画面左下のカテゴリについて↓
オステオパシーについては力を入れて、
それ以外はのほほんと書いています。

男性
秋田県角館生まれ
東京育ち
海、山、人が好き 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード