FC2ブログ

昨日はおかげ様で一日中忙しく施術をさせて頂きました。


看板も出さず、宣伝もせず、パンフレットや名刺さえない(そろそろ作ります)、

「通ってね  」光線を出さず、

むしろ「通わなくても大丈夫ですよ  」光線(業界初?)をも出す、

なんとも商売根性とかけ離れた、ビジネス的にはトホホな施術院なのですが、


やはり世の中にあまりない、

「正面から全力で診る」

というスタイルを評価して頂けるクライアント様方が世の中におられるおかげで、

トリートは生かされています。 ありがとうございます。


そんな忙しい一日の終わり、

もちろん夜なのですが、

なんとしても海が見たくなり、目黒から徒歩で海へ行ってきました。

「海が見たい」と言っても、

真冬の今でも波乗りで週に一度は見ていますし、海水に浸かってもいるのですが、


波乗りではない海はまた別。今日は仕事場から歩いてゆきたかったのです。


山手線沿いを五反田、大崎、品川まで進み、品川からまっすぐに海まで歩いてみました。

bridge.gif

足元を防波堤から出してぶらぶらさせて、しばし海を眺めました。

街ですから、星は見えなかったですが、


この足元の海は、どこまでも繋がっているんだという思いに満たされました。


スポンサーサイト

林試の森公園さんぽ

いよいよあの季節ですね。

文字にするのもむずむずする。そう「花粉」。

僕は年々症状が軽くなり、昨年は全く大丈夫でしたが、

今年はかなり彼らも本気ですからね。。。


試した方がいいのでしょうか、数年前に行った伝説の民間療法。

杉茶  (笑)。

杉のお茶です。

つまり、杉の葉っぱ
rin12.jpg
を、近所の林でもいできて、30分煮た、

rin13.jpg
こんな液体です。  味は、、、杉丸出しです。  The 杉 。 うげ

こんな無茶をしてまで対策を練らせる程、花粉症は辛いですね。

ここ数年大丈夫なのは、この茶が効いたか??


そんな花粉が暴れだす前に、久しぶりに健康の為にさんぽに出かけました。

トリートから程よい距離にある公園。「林試の森公園(りんしのもりこうえん)」

初めて行くけど、もしかしたらトランペットの良い練習場所になるかもしれないし。。。


目黒通りをまっすぐ自由が丘方面に歩きます。

一キロ程歩くと、おしゃれな家具屋さんが軒を連ねます。家具通りと呼ばれています。

rin.jpg

駅前と雰囲気が変わり、かなりおしゃれです。 駅前もこのあたりも好き。

rin2.jpg

こんなお店の角から、裏道に入ります。ちょこっと歩くと公園です。

rin1.jpg
 
到着~。 名前となっている林試とは、
ここが日本初の林業研究が行われた地だからだそうです。

rin3.jpg
みずたまりが凍っている。 まだまだ冬ですねー。

rin4.jpg
雑木林といった感じです。細長い公園で民家も見える感じ。トランペットは無理か。。

rin5.jpg

rin7.jpg
池の底でコイが寒そうにジーっとしてました。 水温0℃だと体温も0℃。 魚ってすごい。

rin6.jpg
ねこが僕に目もくれず、ずっと一心不乱に草の先端をはむはむしていました。
食べるわけでもなく。。?
この光景は以前、山手線から通り過ぎざまに目にとまった野良も、
ビルの影で人知れずやっていたのですが、、面白いですね、ねこ。

rin8.jpg
さっきのねこが遊んでくれないのであきらめて歩いていると、すぐそばに愛想のいいねこが。
柄がそっくり。兄弟だね。

rin9.jpg

すずかけの木。 大きい木を見るとなんだか落ち着きます。 

rin11.jpg
武蔵小山に到着(写真はディープな居酒屋群)。 
今日は帰って施術なので目黒まで電車です。

歩いた距離、4キロ弱。いい気分転換になりました。


ちなみに、地図上をクリックして距離を測るページを紹介します。
 

キョリ測


消費カロリーなんかも測れて、歩いたあとに見てみると面白いかもです。

さんぽ。おすすめです。 皆様も、春、感じてみませんかぁ~?


オステオパシー施術院トリート




ありえない!

(トリート雑記のくせに、政治的な内容を含みます。
            読みたくない方はスルーしてください。)


18日、南極海の調査捕鯨、シーシェパードの妨害で継続断念。

びっくりしました。


「絶滅の危機が無くても、生態系を崩さなくても、くじらを食べるのはダメ。」

というのは、人種、文化に対する差別だと思うし、

海上で、暴力で物事を変えようとする団体は海賊ですよね。
(すみません、若い頃、海の上で死に向き合っていたので、
 その場所での非道なやり取りは、スイッチ入ります。)


しかしながら本筋は、シーシェパードに対する批判ではありません。

こういう団体が出てくるのはしょうがないと思います(儲かれば誰かがやるはず)。


僕がありえないと思うのは日本政府の対応。

日本政府が暴力に屈して、対外的な目からすると彼らを正当化してしまうとは。。。

「一度おとなしく引いて、国際世論を巻き込んで彼らを批判する。」

という腹づもりならわかりますが、

政府にそういう頭は無いですよね。伏線も引けていない。


シーシェパードが活動するのは、

同じく現在、クジラを採るヨーロッパの複数の国、インドネシアや、

アメリカ、カナダの先住民に対してではなく、日本にだけ。

くじらの油だけを採って、そのからだを捨てていた欧米文化への反省?、
(ペリーの日本来航の目的は鯨油獲得の補給地として)

から起こった彼らのカウンターカルチャーは今や、
      
彼ら自身の国内における不満やうっぷん晴らしの対象となっているように思えてしかたないです。


純粋に、本気で地球環境に向き合うなら、生き物を愛するならば、

経済的にメジャーなもの。「企業」や「大衆の価値観」と戦わなくては動かないのに。

もの言わぬ相手、(彼らのイメージの中での)日本を見つけてパフォーマンスをしかける。



シーシェパードがかなり儲けている事も明白です、

彼らこそコマーシャル(商業的)な団体なんです。


「クジラがかわいそう」だなんて、

小麦やトウモロコシ(生きているんですよ!)は平気で殺して食べているくせに。

彼らの本拠地、オーストラリアのディンゴやカンガルーのゲーム的虐殺は有名なのに。

生物に下等とか高等とかランク付けするのは本当に残酷だと僕は思います。

全ての生き物に感謝して命をいただかなくては僕達は生けないと僕は考えています。

スーパーで買ったパックされた肉は誰かが食べる人の代わりに殺してくれたものだし、

スナック菓子の原料のコーンは、親から未来に向けて種子という形で命を引き継ぎ、

大地で風を浴び、太陽を浴びてスクスクと育った生き物です。

果肉は動物に食べられる為に作られたものですね。でも果肉だけでは生きれませんね。


じゃあ何も食べないか? いいえ。食べます。僕達も生きています。

でもそれは当たり前に用意されたものではなく、感謝して。


国際社会は、すごくワイルドで、利権の奪い合い。

相手を察して、「和を以って尊し」とする日本の文化や、

アニミズム(全てがある意味神であり、僕達を生かしてくれる尊いもの)の考え方を伝えつつ、

「言ったもの勝ち」という層が出てくる文化にもきっちり対応してゆかないと、

どんどんアジアの文化はスポイルされていってしまう。

政治の表舞台に立つ多くの人々にはその頭はない。目先のくだらない当選しかない。

若い頃ヒッピーをしてきた僕だけど、

いまさら言えないかもですけど、こんな無策な政府はキツイです。


海賊から暴力で守れ!と言っているわけではありません。

「ちゃんと情報網をつかって国際社会に発信してゆかないと。歩み寄らないと。」

と思っています。 やられっぱなしです。これでは何も進まない。


せっかく日本の労働者はすごくまじめに頑張っているのに。

現状、優秀で勤勉な日本の労働者が無策な政府が舵とりする日本をなんとか支えてる形だと、

僕は考えています。(経済的に)



さて。 自分。

僕も「何か世の中の為に出来ないか?」 と、子供の頃からずっと考えて生きてきました。

それは、結局は、自分が自分の仕事をきっちりとして、

恥ずかしくないように、

「個人としてしっかりとした方向性を持って生きてゆくしかない。」と信じています。

他の人との位置関係によってのみしか自分の存在を確認できない場合(競争に依存する意識)は、

かならず不満や争いを生みます。これは僕達人間にって本能的な部分ですが、

俗っぽい価値観とも言えます。(シーシェパードの活動に歓喜するような価値観)

これでは、この大きく一つになろうとしている世界は存続できない。

苦しみを伴うけれど、内なるものに答えを見出し、そこに喜びを見つけられたら、

それはすばらしい宝だと思う。僕も探してゆきたい。


個として確立する事。その上で家族や友人や出来事を大事にする事。


だから僕は、この道に入ったからには、

人の健康の為に役に立てるように懸命に生きていくつもりです。



明日もまた頑張ります。 おおげさですが、世界平和を祈って。



追伸:僕はスーパー無宗教です。これは純粋な独り言です。



オステオパシー施術院トリート






山ガールが行くそうです

以前、頻繁に記事に登場して頂いた、

「屋久島ガイド時代のボスで、今は月イチでトリートに来てくれる姉貴分」

睦(むつみ)さん。

彼女の交友関係は広く、、今年に入って色々同行する中で、

いわゆるスポットライトを浴びるような方と(お二人も)ご一緒する機会がありました。

ちょっとどぎまぎしました。


そんな?むつみ姉さんが出演する番組


山ガールが行く! 2月19日(土)夕方16時~ TBS系全国


すごいタイトルですね。。。

先日、この番組内で押切もえさんをガイドしたそうです。

屋久島に興味のある方は是非。


恵比寿で姉さんと入った中華料理屋にて。
iyashicyao.jpg

出てきたお茶が、妙に癒し系。


オステオパシー施術院トリート

LA旅行5 リンコン& Shunji's

さてー。

明日は帰国。と、いう事は、今日はLA最終波乗りチャンス。

行きましたー。超メジャースポット。リンコン。
りんこん

りんこん2
ちょっと風入ってる(乗る面の形が悪くなる)けど、いい感じ!

rinhouse2.jpg

rinhouse.jpg

ringard.jpg
なんだか海沿いの家もいい感じ。

さて。 

世界中のサーファーが一度は入りたいという超! メジャースポット。


最終日! 

これは! という波に乗れたかというと。。。

はい。 乗れませんでした


へたっぴには甘くない。それが波乗り(笑)


でも、すごく良かったんです。


アザラシと波を待ち、

将来有名になって何億円も稼ぐような「リンコン・スーパーキッズ」の妙技を堪能し、

日本では見た事もない延々と続く波を見て(乗れなかったケド)、

地元のキッズと日本の巨大クラゲ(エチゼンクラゲの事)の話をし、
(知らない人とよく話すアメリカの文化、好き。)

寒くて先にあがった仲間を待たせて延々と海に入り、そこから沖の油田に沈む夕日をながめた事。


へたくそなりに。やりきりました。 今度はもう少し上手くなってきます。 

でもなんだかすごくうれしい! ありがとー!!!



さて、夜。 

すてきなタイミングで、食事に出かける機会に恵まれました。

ステイ先のミノルさんは、本格的な和の料理人で、

その元の職場で一緒だった職人のシュンジさんが、

ジャパニーズレストランをLA一等地であるメルローズに出店!。

今日はオープン2日目で、僕ら居候4人もついでにご招待~!

shunjis.jpg
おされ~ 

Shunji's



shunstaff.jpg

oist.jpg
牡蠣やら~

foag.jpg
タイにフォアグラやら~

ebi.jpg
伊勢海老にトリュフでキャビアをオンして金箔ふらしたのやら~

calroll.jpg
定番のカリフォルニアロールもあるお鮨やら~

nihonsyu.jpg
Shunjiさんが日本に帰って作った日本酒やら~

いやー。

LAのお金持ちや有名人達がこれからわんさか来るようなお店で、僕もいいんですかー?。


写真は残念ながら手元に無いのですが、

お店で同席したカナさんは、

ダンナ様のスティーブさん(香港系チャイニーズアメリカン、良い人!)と来ていたのですが、

ななな、

なんと屋久島で僕が知っている人とマブダチで、出身は屋久島のおとなりの種子島との事。

うわっ。

「世界って狭い」と思わせる事が、また

それにしても、LAで、、屋久島は島民が一万人を越えているんですよ???


そりゃ盛り上がりますよ! 酒が進みます。
(カナさん。帰国後もメールをやり取りしたのですが、凄くピースフルで、素敵な人。
 ヨガのコースをハワイで受けちゃうような人です。
 僕が大好きな鹿児島ラーメンをLAに仕掛ける!? なんてお事も考えているそうです。
 LAでかごっまラーメン食べたい!またご一緒しましょ!)

はじけずぎて、ずーっと話まくっていました。

いい夜になりました。


一緒に滞在したみんなも、僕の最後の夜をしっかり演出してくれて、感謝、感謝です。



しゃべり倒した後は、明日の帰国の準備。



板からフィンを外さなきゃ、、

はずさな、、、キャっ 。

kizetsu.jpg
気絶


こどもの様に完全燃焼しました。


なんだか、自然もあるし、話してみるといい人ばかりだし。

アメリカ。正直、見直しました。


LA報告、終わり。記事が遅くなり失礼しました~



オステオパシー施術院トリート









LA旅行4  メルローズ

LAでの居候先は、メルローズ通りの裏、ウエストハリウッドという場所にありました。

ドラマや映画の撮影にもよく登場し、

有名なアーティストなどを多く輩出する場所でもあります。


ここにある親方の旧知の先輩の家は広く、僕ら四人が加わっても全く狭くなかったです。

アメリカは都心でも住宅事情はいいですね~。日本が狭すぎるのかなぁ。。

ima.jpg
くつろぎ~

歩いてゆけるメルローズには有名ブランド店が軒を連ねます。

ブランドにはぜんぜん詳しくない&あまり興味がないので、色々行きましたが店名が覚えられず。。

唯一高揚したのは、チャネルアイランドという有名サーフブランドのフラッグシップ店に行けた事です。

wwan.jpg
ずら~っと、板、板、板。 僕もこのブランドの板に乗っています。 

inuto.jpg
マスコット犬?と。 ロープで作ったボールで引っ張り合って遊ぶ。
このワンはかなりデカく、手ごたえありました(笑)

近所で食事となると、いかにもアメリカなカフェ、「 Norms ノムス 」に行きます。
norms.jpg
店員さんが明るい笑顔で迎えてくれますが、カロリー爆弾に我々日本人は少し恐れをなします。
目玉焼き、、、3つ!? ちなみにハンバーガーと後ろの女性は実寸(うそ)

Tborn.jpg
8ドルで立派なTボーンステーキがたらふく頂けます。
付け合せのポテトとパンケーキ(別皿)だけで1000Kcalは行ってますね。

cake.jpg
アラレこと、まゆみが笑顔で持っているケーキ、一人前ナリ。1500Kcal!?
成人一日の所要カロリー近い? 現在深夜1時。

mayumi.jpg
普段から結構飲み食いをしっかりするのに。。太らない人っているんですねー。

しかしながら、ボクラ普通の人は油断できません。

アメリカは食事が安い上に大量に出てきますので、

正直、まともにこんな食事をしていたら病気になります。

アメリカ国内でも問題になっている事ですが、

さらにアジア人と欧米人は体質が違うという事も考慮に入れたいと思います、

例えば血糖値を下げるインスリンというホルモン。

欧米人の方が分泌量が倍多いそうです。
(もちろん個人差はあります。平均値です。)

インスリンの作用としては、血液中の糖を脂肪組織へとスムーズに取り込む事があげられます。

つまり同じ量の糖を腸管から血液中へ吸収した場合、

欧米人よりもアジア人の方が血液中に度数が強い糖が循環する時間が長いという事になります。

これは深刻な糖尿病などの病気の元となるようです。



話は飛びますが、国内にあるファーストフード店も人気がありますが、

頻繁に食べると毒です。特にアジア人にとっては毒となる場合が多いと思います。

僕はずっと、ファーストフード店は啓蒙もせずに商売を続けているけれど、

国民の罹患率(りかん 病気にかかる)の平均値を確実に上昇させている団体なので、

結果、国民健康保険費を圧迫しているのだから、その分課税すべきではと思っていました。
(ついで。ごみを大量に出そうとする文化もアウト。
     目黒駅前のM。夜は一日分のごみが歩道まで溢れます。)

友達にこの話をしても「自分も食べてるじゃん」といわれておしまいですが、

僕もたまには食べます。


ファストフードファンの方の反感を買いそうですが、ルーマニアではこの税について、

昨年議案が出たそうです。決定には至っていないみたいですけどね。

どこか他の北欧の国でも動きがあったと思います。

「自由な経済活動の妨げとなる」という反論が強かったみたいですが、

リーマンショック(マネーゲーム)を機に自由貿易主義の限界を知ったはずの世界は、

企業側と倫理的な側面とで、もっと議論してもいいと思います。 


えらそうな事を言ってしまった。。。 波乗りで遊んでいるようなひとなのに

まぁ、仕事柄、健康関係ネタで火がついてしまったという事で。


そう。

健康関係が僕の興味のマト。。。

波乗りで疲れた(波乗りの)親方の腰腸肋(ようちょうろく)筋をストレッチ?。
ashideka.jpg
ええ。料金を払うつもりのないクライアントには足です(笑)。

しかも手にはビール。(だれだ、こんな写真を撮ったのは



まとまりのない文でたびたびすみません。


次回最終日報告!


オステオパシー施術院トリート



いいことあった

今日、ボディーワークの講習を受けている施術仲間から興奮気味の電話が!。

飼い犬のゲンが脱走し、探していたので今夜の講習は行けないとの連絡。


講習を一人で受ける事はよいのですが、彼が興奮していた理由は、

ゲンを保護してくれた人が本当に  いい人だったことでした。


保護された時、ゲンは何があったのか怪我をしており、

見つけてくれた人は血がついたゲンを車のシートに載せ、

動物病院まで送り、

治療費と入院費までをも支払い、そのまま立ち去ったそうです。うひゃ。カッコイイ。


二人で「居るんだね~!!!!!」と叫び興奮しました 


「僕達もなろう!」「驚かせてやろう!」 なんて話しました。

「驚かす」とは、人に対してあきらめきってしまった人達にインパクトを与えるという意味です。


あー。実感の持てる身近でこんな事が起こると、なんか気分がいいですね。

追伸:ゲンの命に別状はないそうです



オステオパシー施術院トリート



プロフィール

トリートTakezo

Author:トリートTakezo
目黒駅の近くで施術院を開院しています。

HP↓
オステオパシー施術院トリート
画面左下のカテゴリについて↓
オステオパシーについては力を入れて、
それ以外はのほほんと書いています。

男性
秋田県角館生まれ
東京育ち
海、山、人が好き 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード