FC2ブログ

どんぐり団子!

たまに

「大丈夫?」といわれるような、突拍子もない行動に出ます。 

ある風のつよい秋の日、公園で友人とベンチに座っていると、

風にあおられた頭の上の木からぼとぼとと、どんぐりが落ちてきました。

「なんだか美味そうだ。」と思ってしまったのが今回のお話の始まり。

見回すとコドモ達が必死にどんぐりを拾っています。

dgライバル
ライバル達 

大人力。凄し(笑)10分程で沢山とれました。

どんぐり

さて。

どんぐりって食べられるのでしょうか?

僕の頭に浮かんだのは(妄想したのは)、

「縄文時代以前は大事な食糧だった」という事です。

そう。僕たちのDNAにはどんぐり食の魂が流れているはず。

昔アーユルベーダ(インド医学)の先生に聞いた話では、

「国々によってフィットする食文化は違い、もともとの食事が一番合う。

その国で三代前に食べられていた食事が理想なんです。」との事でした。

ず~っと昔から食べてきたワイルドフードなんだから、

もしかしたら僕の中で大事な何かが目覚めるかもしれない!?

なんて、妄想は続き、勇んでどんぐりを鍋に投入!!

dg投入
水に浮かぶ古いどんぐり君はごめんなさいします。
しばらくゆでて皮をやわらかくしてから中身を剥きました。
短縮しますが、この「皮むき」、修行の一言です!!

灰汁
どんぐりは灰汁が強いので、何度も水を替えながら茹でます。
コーヒーのような茹で汁。。。

煮えたかどうだか
身。 ピーナツのような、クリのような色。木の実のいい香りが充満します。

丸くできたyo
白玉粉と一緒に練って茹でます。ようやく食欲の湧く物体になってきました!

dgd完成
この回はだんごの作りはじめで、形が悪いですが、、、
きなこにまぶして食べました!


作るのは大変でしたが、不慣れな作業をする事って、

知的好奇心というか、効率を上げるために脳がフル回転になる喜びというか、

すごく楽しかったです。


単純な作業をしながら、

昔の人もこんなことをしてたのかと思いをはせました

僕は全行程、3時間くらいかかりましたが、

昔の人が食糧を得る事って本当に大変だったのだと想像します。

その分、食べることや生きることへの絶対的な執着や喜びがあったはずで、

それって人にとって健康的な事じゃないかなんて、考えました。


さてお味は、、、ワイルドなクリの味、、、って感じでした。

美味しかったですよ


オステオパシー施術院トリート











スポンサーサイト


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【どんぐり団子!】

たまに「大丈夫?」といわれるような、突拍子もない行動に出ます。 ある風のつよい秋の日、公園で友人と

プロフィール

トリートTakezo

Author:トリートTakezo
目黒駅の近くで施術院を開院しています。

HP↓
オステオパシー施術院トリート
画面左下のカテゴリについて↓
オステオパシーについては力を入れて、
それ以外はのほほんと書いています。

男性
秋田県角館生まれ
東京育ち
海、山、人が好き 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード